[書籍]

  • 日本国憲法の正体

    定価 : 1,257円(税込)

    アメリカ製憲法の改正を阻むのは誰か? [特集1]日本国憲法の病理。 ・改正議論の前に留意しておくこと。 西部邁(評論家) ・日本国憲法の問題点と改正のポイント。 百地章(日本大学教授) ・日本国憲法の制定過程。 岩田温(秀明大学専任講師) ・戦後保守よ、帝国憲法から逃げるな!…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鬼教師が日本の教育を救う

    定価 : 1,650円(税込)

    "子供に優しい教育学"こそ体罰といじめの元凶である。校長も教師も学校規律を正す鬼になれ! 加藤十八が提言する、体罰といじめの克服法。いじめと体罰問題は同じ原因から発生している。 社会にはルールがあり、違反者にはペナルティがあるのに、学校だけは例外的に無法状態だ。 本書が提示する、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 終戦の昭和天皇 ボナー・フェラーズが愛した日本

    定価 : 1,320円(税込)

    ボナー・フェラーズが愛した日本。 ハリウッド映画終戦のエンペラーに隠された真実!!昭和天皇を救ったのは小泉八雲の文学だった!? マッカーサー軍事秘書ボナー・フェラーズと小泉家の絆を忠実に描くドキュメンタリー漫画!   「フェラーズはわが家にとって誇らしい恩人。ハーンを通して日本…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最後の小沢一郎

    定価 : 1,650円(税込)

    誰も書けなかった“剛腕”の素顔。捲土重来か、敗戦処理か――。 誰もが気になる政治家、小沢一郎氏の「今」の全てがこの一冊の中にある。 この4年間、「政治とカネ」の問題に翻弄されながらも政権交代を果たし、今再び少人数の政党を率いて挑む壮絶な政治家・小沢一郎の姿。 著者・鈴木哲夫は、批…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 安倍晋三 VS 反日マスコミ

    定価 : 1,257円(税込)

    偽りの報道に抗え。狡猾な既存マスコミの偏向報道とどう戦うか? [巻頭インタビュー]歴史観を取り戻さないと、日本は滅ぶ           ~なぜNHKは私の国会答弁を削除したのか~ 中山成彬(衆議院議員)。 [総特集1]ハネムーン期間終了後の情報総力戦体制へ備えよ! ●…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 甲子園あるある(春のセンバツ編)

    定価 : 1,047円(税込)

    試合データ、事件、記録、ハプニング、思い出の試合。高校野球好きにはたまらない!この本を読むと高校野球が10倍楽しくなる! 47都道府県別の「センバツあるあるネタ」が大集合! 決勝戦では無敵の静岡県勢。 第1回大会が行われたのは甲子園球場じゃなかった。 先発メンバー全員左バッ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 毛沢東とトウ小平の「百ヶ年計画」

    定価 : 943円(税込)

    「2021年(中国共産党創立百年)までに尖閣奪取、台湾併合」 最高指導者習近平の意志すら及ばない、中国共産党を動かすロジックを解明する! ●序章 毛沢東と鄧小平を正しく評価する。  ●第一章 「核・宇宙・海洋」の三位一体戦略。 ●第二章 台湾併合に立ち塞がった米国の核。 ●第…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日中開戦 尖閣戦争勃発す(奪還編)

    定価 : 942円(税込)

    東シナ海で繰り広げられる潜水艦戦、魚雷戦… 日本は尖閣、そして宮古、石垣などの島を取り戻せるのか。 先制攻撃で尖閣諸島だけでなく、宮古島、石垣島、与那國島に侵攻、占拠する中国軍。 しかし、日本も手をこまねいてはいなかった。自衛隊が出動、激しい海戦が幕を開ける。 予想外の日本の戦…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日本経済の復活術 アップルVSサムスンから読み解く日本企業の戦略

    定価 : 942円(税込)

    スマホ、特許戦争、エネルギー、国際金融。その時日本企業はどうするべき? リーマンショック以後の世界経済は今再び転換期を迎えている!総選挙後の日本はどうなる? 第1章:アップル対サムスン特許告訴から見えるもの。 第2章:終焉間近の韓国経済。 第3章:「焼畑工業モデル」とはなに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日本被害史 世界でこんなに殺された日本人

    定価 : 942円(税込)

    教科書が教えない、シベリア抑留の犠牲者34万人、東京大空襲10万人、 ヒロシマ・ナガサキ38万人、中国人による日本人虐殺事件数十件以上。 受難と苦難を生きた日本人の近現代史。 私たちの生まれた日本、この国はこれまで散々いわれてきた「加害者としての歴史」ではなく、 「被害者として…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

【注文書・販促物】

書店様へ

【公式SNS】

Twitter_oaklaA Twitter_minty Twitter_enigma Twitter_aqua Twitter_prism Twitter_ebook Insta_akatsuki

【レーベルサイト】

アクアボーイズ TLコミックス

【出版ラインナップ】

韓流雑誌 BUHI 一般書 児童書 アカツキプレス ムック マグノリアブックス マグノリアロマンス エバープリンセス エバーロマンス

【既刊一覧(月別)】

ページ上部へ戻る